リボン食品の歴史

明治40年の創業から100年あまり。お客さまのさまざまなご要望をお手伝いする中で、リボン食品は多くの商品を作り上げ、ノウハウを蓄積してきました。
ここでは、リボン食品の変革と数多ある挑戦の歴史を紹介します。

1907年 千足栄蔵が日本で初めてマーガリンを製造
1936年 筏盛三KINGバターの製造・販売
1948年 大村油脂工業所設立
1951年 大阪営業所開設
1956年 ショートニング発売
東京出張所開設
1959年 プロセスバター発売
1960年 本社建設
バターリン発売
画期的な発想のバター風味の家庭用マーガリンで、一世を風靡しました
1962年 リボン食品株式会社設立
第一工場建設(マーガリン工場)
1964年 フルーツゼリー発売
1965年 コンパウンドマーガリン発売
マーガリンに乳脂肪をコンパウンドするという新しい発想のマーガリンはリボン食品が初めて手がけた商品でした
1966年 名古屋支店開設
1970年 冷凍パイ生地発売
まだ、パイという素材が一般的に知られていない時代で、専門家だけの素材を、一般の洋菓子屋さん、レストランに普及する第1号の製品です
1971年 コーヒークリーム発売
1972年 パイ工場・新倉庫建設
1973年 冷凍ホットケーキ発売
飲食店でのホットケーキ生地のロスの多さに着目し、ロスのない冷凍品を考案しました
1979年 冷凍デザートケーキ発売
今では幅広く使用されている冷凍デザートも、当社が初めて手がけました
冷凍冷蔵倉庫及びパン洋菓子講習会場建設
1980年 第二工場建設(冷凍デザートケーキ工場)
1986年 CI「まごころをリボンに託して」導入
札幌営業所開設
第一工場改修
1987年 焼成パイ「パイシェルシリーズ」発売
焼成済みのパイやクッキータルト
第三工場建設(冷凍パイ生地工場)
90年代に入り、パイの知名度はグングン上がり、そのニーズに対応する為、新たにパイ専用工場を建設しました
1992年 第一工場増設(レトルト工場)
1994年 第三工場増設(成型パイシート工場)
より細かなのニーズにお応えするため、成型パイラインを新たに増設しました
1996年 マーガリン工場改修
1997年 第四工場建設(ポテト関連工場)
第三工場の生産設備増強
2002年 日本初の有機JASマーガリン製造工場の認定をうける
2003年 日本初の有機JAS認定マーガリン「ナチュラーレOG」を発売
日本初の演出用マーガリン「フラーム」を発売
2005年 第三工場パイシェル製造新ライン増設
お客様のニーズにお応えするため新しい形状を製造できるラインを増設しました
2006年 冷凍パイ生地工場においてISO9001認証取得
2007年 創業100周年
2008年 マーガリン工場においてISO9001認証取得
2009年 リボンオーガニック(有機食品)シリーズ発売
有機JAS認定マーガリンの技術を活かした、オーガニック専門ブランドを設立しました
低糖工房シリーズ発売
いつでも安心して、楽しく食事して頂けるよう「糖質を抑えたおいしい食品作り」をテーマに開発したシリーズです
2010年 低糖質あんの製法で特許を申請
パイシェル工場においてISO9001認証取得
2011年 冷凍パイ生地工場改修
「シェフのパイラボ」シリーズ発売
お客様のニーズを汲み取り、厳選した原料を使用した成型生地を小ロット包装しました
冷凍ホットケーキ、冷凍デザートケーキ終売
2015年 冷凍パイ生地の製造・販売を開始し45周年
9月1日 Fat Witch Bakeryとライセンス契約を結び、Fat Witch Bakery Japanとして日本で初めて通販での販売を開始
2016年 6月11日 Fat Witch Bakery Japanの店舗、京都受け取り処をオープン
焼成パイが第20回「業務用加工食品ヒット賞」デザート部門を受賞しました
2017年 パイシェルの製造・販売を開始し30周年
2018年 10月6日 Fat Witch Bakery Japanの店舗、大阪店をオープン